ホーム > 超悪玉コレステロールをご存じですか?

超悪玉コレステロールをご存じですか?

●動脈硬化とは?

動脈硬化とは、血管の老化現象です。通常、血管を直接目にすることはありませんが、
肌が衰えていくのと同じように、少しずつ老化は進行しているのです。

正常な血管は血管に弾性もあり、血流もスムーズ。老化が進行すると、老化した血管が血管が固くなり、血流も滞りがち。さらに症状が進行すると、動脈硬化の発生し、血栓が形成され、血流が滞った状態になります。

日本人の死因第1位はがんですが、
第2位・第3位の心疾患・脳血管疾患を合わせると、がんと同じくらいの人々が毎年亡くなっています。
心疾患や脳血管疾患の大多数の原因が、「動脈硬化」なのです。

仮に命をとりとめた場合でも、重い後遺症が残るといった、命をもおびやかす危険な病気に繋がるのが「動脈硬化」です。

健康な生活を守るためには動脈硬化の早期発見と予防が重要となります。

心疾患:狭心症、心筋梗塞など。脳血管疾患:脳梗塞、脳出血など

●コレステロールとは?

動脈硬化の発生には「コレステロール」が起因しています。

コレステロールとは、血液中に含まれている脂質の1つで、細胞膜を作ったり、 筋肉を作るホルモンの原材料となり、生命維持に重要な役割を果たしています。
コレステロールを運ぶ役割により「善玉(HDL)」と、「悪玉(LDL)」に区分されています。

善玉(HDL):余分なコレステロールを肝臓に戻す「回収員」、悪玉(LDL)肝臓から身体の各組織にコレステロールを運ぶ「配達員」

●動脈硬化はなぜ起こる?

全身の組織にコレステロールを運んでいる悪玉(LDL)ですが、身体が必要とするコレステロールの量は限られています。
コレステロールが血液中に過剰に増えると、悪玉は余ったコレステロールを血管壁に蓄積していくのです。

これが、血管を詰まらせたり、血液の流れを滞らすなど、動脈硬化を進行させる要因となっています。

●静かなる殺し屋!?

動脈硬化は突然かかる病気ではありません。

しかし、別名「サイレントキラー(静かなる殺し屋)」と言われているように、 自覚症状がないまま進行し、ある日突然、心筋梗塞脳梗塞を引き起こすのです。

●動脈硬化の主な原因、「超悪玉コレステロール」

悪玉(LDL)は様々な大きさがあります。
近年の研究で、心筋梗塞などの心疾患を起こした人の悪玉を調べると、小型の悪玉を多くもっていることがわかりました。
この小型の悪玉を「超悪玉」、これに含まれるコレステロールを「超悪玉コレステロール」と呼んでいます。
超悪玉」は、通常の悪玉より粒が小さいため、血管壁に入り込みやすく、動脈硬化を引き起こしやすいのです。

悪玉 (LDL)と超悪玉(small,denseLDL)

●超悪玉コレステロールと生活習慣病

超悪玉コレステロールは、脂質異常症・糖尿病・高血圧などの生活習慣病と深い関わりがあることがわかっています。

これらの症状を併せ持つ「メタボリック・シンドローム」は、血液中の中性脂肪値が高い傾向にあります。
中性脂肪値が高いと、脂質代謝が異常を起こし、悪玉が小型化して、超悪玉へと変質します。

反対に中性脂肪が減少すると、超悪玉コレステロールも減少するといわれています。

--生活習慣の改善で超悪玉コレステロールを減らしましょう。--

  • 禁煙厳守!
  • 過度の飲酒は控える
  • ストレスをためない
  • 規則正しい食事
  • 適切な体重の維持
  • 適度な運動

●こんな人は要チェック!!!

一般的に次のような人は超悪玉コレステロールを多くもっている といわれています。

  • ① 狭心症や心筋梗塞にかかったことがある
  • ② 家族に狭心症や心筋梗塞にかかった人がいる
  • ③ 血圧が高い
  • ④ 中性脂肪が多い
  • ⑤ 血糖値が高い
  • ⑥ 内臓脂肪型肥満がある
  • ⑦ 善玉(HDL)値が低い

※④〜⑦は、血液検査で調べることができます。

●健康維持の為に「超悪玉コレステロール」検査を

超悪玉コレステロール」は、血液検査で調べることができます。

上記で、チェックが付いた方や、健康診断などで生活習慣病と診断された方は、「超悪玉コレステロール」検査をお勧めします。

※「超悪玉コレステロール」検査は、オプション検査の場合もあります。詳細は各医療機関にご確認ください。

監修:平野 勉先生

昭和大学医学部内科学講座
糖尿病・代謝・内分泌内科学部門主任教授

パンフレット・資料請求に関するお問い合わせ

当社では患者様向け小冊子をご用意しております。
ご希望の方は、こちらからお問い合わせください。資料請求はこちら